審美歯科,ホワイトニング,歯科,小児歯科,もりた歯科クリニック,姪浜駅,西区,福岡市

姪浜駅南口 徒歩5分

〒819-0006 福岡県福岡市西区姪浜駅南2-1-37
メディカルビル竹下3F

TEL:092-892-1527

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療

歯科用炭酸ガスレーザー

「歯の治療は痛いから行きたくない」と思っている方は多いのではないでしょうか。
むし歯は放置してしまうと、健康な生活を送る上で様々な悪影響を与えてしまいます。

当院では痛みの少ない歯科治療をモットーに麻酔注射をはじめ、その他の処置に関しても出来るだけ痛みを伴わぬよう最大限の努力をします。患者さまがリラックスし、安心して治療が受けられるようスタッフ一同心がけております。
そして、小さなお子様からお年寄りの方まで笑顔で帰っていただける様な医院作りに励んでまいります。

あなたの歯の状態は?

C1
歯の表面はエナメル質で覆われており、むし歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質がむし歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。むし歯は上の歯と下の歯の噛み合わせの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。
C2
エナメル質の内側には象牙質がありますが、むし歯が象牙質まで進むとむし歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。
C3
象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、むし歯がさらに進行して歯の神経までむし歯菌に感染してしまうと歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、むし歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。
C4
むし歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根までむし歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。
PageTop